問題になる髪質

現在の白髪染め

白髪染めって、仕上がりの色がイマイチ分かりにくいっていうのが困った点ですよね。一応ヘアカラーリング剤の箱には、この髪の色なら、こんな風に染め上がるという写真は載っているものの、微妙な髪質でかわる白髪染めの色合いまでは分からないので、染め上がりって写真と同じにはなりませんよね。サンプルみたいなものがあって、髪の先っぽにつけて色を試してから使えたらいいんだけど・・。それなら満足できる色合いの白髪染めを選べそうですからね。

私のように白髪が少ない髪って特に白髪染めで気に入る色になったという試しがなくて・・。黒い髪と白い髪で染め上がりにかなり差があるから、見本の色なんて全く参考にならないんですよね。できれば、同じように染めてくれる髪染めがないかと、いつも探してはいるけど・・やっぱそういうことって不可能なんでしょうね。

大半の白髪染めって、白髪だけを染めるために作られているので、黒い髪を茶色にするってことはできないんだろうなあ。白髪も黒髪もキレイに同じような色にそまる、そんな技術開発が進めばいいんだけど・・。40代、50代って、白髪の方が多い人と、黒髪の方が多い人とでハッキリ分かれてしまう年代だし、どちらも満足させてくれるような白髪染めができたら言うことないんですけどね。

Copyright 2011 安心!LpLpルプルプ白髪染め, Inc.