男性型脱毛症(AGA)に効果がある発毛促進剤って?

AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性の発症例はありません。

脱毛の原因は男性ホルモンにあるとされていて治療薬には男性ホルモンを抑制する薬が使われます。

AGA治療薬としてプロペシアという薬が使われますが、この薬はDHTの生成を抑制することで効果を発揮するというものです。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していてこの成分こそがヘアサイクルの成長期を短くする原因だと考えられます。

成長期が短くなることによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまうため髪全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGAというのは遺伝により発症するものですので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんので根本的に完治するものではないのです。

そのため、AGA治療を休止してしまうと再び進行しはじめてしまいます。

しかし、AGA治療薬にも副作用の危険性はありますからずっと使い続けるのというのも心配がありますよね。

ですので、ある程度の所まで改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科の医師に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますので市販されている医薬部外品よりも高い効果が期待されます。

処方される薬というのは保険が適用されないため市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことでぐっと効果が高まるのでおすすめです。

規則正しい生活はもちろんのこと、ストレスを溜めないことや脂っこいものや刺激物を控えてみてはいかがでしょう。

AGA治療には飲み薬のプロペシアやミノキシジルが配合された塗り薬があります。

【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を受けとらなければ手に入れることはできません。

ミノキシジルが配合されている育毛剤は医薬部外品なので薬剤師がいればドラッグストアでも買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが日本でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですがトラブルが遭っても自己責任になってしまうのでお勧めできません。

AGA治療は保険適用外なので全額、自腹で受診することになります。

飲み薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

その上、万有製薬の公式価格ではプロペシアが1錠250円しますから1か月(30錠)で7 500円かかるため合計で1か月1万円以上かかる計算になります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも使われていますから薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合しているリアップx5は医薬部外品として市販されていますがプロペシアと同額の7000円以上の費用がかかります。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日々の生活習慣にも気を付けなければいけません。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ってしまうのはもちろん、塩分が多くと血行不良になってしまうことも。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

タンパク質はタマゴや乳製品などに亜鉛は牡蠣や牛肉などに多く含まれていますよ。

緑茶には血圧の上昇を抑えてくれる効果だけでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスに悩まされている方にオススメです。

AGAとは男性ホルモンにより発症するものなのですが生活習慣や食生活にも大きく影響されると言われています。

人の体は血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪の毛に必要とされる栄養も血流によって届けられますのでAGA治療をしている人は血流を改善することが大切となります。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙も血管を収縮させるため薄毛治療の妨げとなります。

頭皮がうっ血してしまっている人は頭皮マッサージがおすすめです。

AGAは遺伝の影響を強く受けるので治療で完治するものではありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

従って、AGA治療をやめてしまえば再び抜毛や薄毛は再開してしまいます。

そうは言っても、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルも医薬品なので副作用が危惧されますから、一生使い続けることには問題があります。

飲み薬であるプロペシアで乳癌になったという報告もありますからライフステージの節目がやめどきだと思います。

AGA治療に有効なプロペシアは処方箋がなければ買う事が出来ないので通院する必要があります。

医薬品なので調剤薬局でなければ手に入らず保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品とも呼ばれ先発医薬品と同じ成分を使って後発医薬品メーカーが作る薬の事です。

先発医薬品で成分の安全性は確認されていますから短期間で開発できコストが抑えられるので安価で提供できるのです。

AGA治療は保険適用外になりますので費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された時は万有製薬のプロペシアしかなくひと月で約1万円ほどの費用を要しました。

又、保険適用外の医薬品は市販の市販薬と同じ扱いとなるため値段は販売店の判断で自由に設定することができます。

そのため、処方箋薬局で購入する薬品ではありますが価格差が生じ処方箋薬局によって、数千円の開きがあることもありました。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので薬代以外にも、再診料や診察料もかかります。