気になるカラコンの安全性は?

カラコンを楽しむならデメリットもきちんと理解したうえで、正しい装着方法で利用しましょう。
多少面倒でも、それが長くカラコンを楽しむ秘訣でもあります。
カラコンを常用している人の中には、目が乾燥していてもお構いなしに長時間装着したままにしたり、そのまま寝てしまったりする人もいるようです。
乾燥している状態だと目はとても傷つきやすくなっているので、ちょっと目を擦るだけでも目を傷めたり、カラコン自体が破損したりする可能性があるので気をつけなくてはなりません。
また、今日本でカラコンを販売するには、高度管理医療機器等販売業許可や第一種医療機器製造販売業許可などが必要です。
厚生労働省の承認を得ている店舗で、安心・安全な商品を購入しましょう。