住宅ローン審査年収なら

住宅ローンは借り入れる金額が多いため、借り手に返済能力があるかを確認、検証する作業が行なわれます。
これが審査と呼ばれる工程で、審査には銀行が行なう事前審査(予備審査)と住宅ローンの返済にトラブルが発生した場合に債務を引き継ぐための保証会社が行なう本審査があります。
どちらの審査も、提出された書類を基に勤務先や勤続年数、雇用形態などが吟味されます。
では、一般的な住宅ローンで必要な年収はいくらなのかを調べてみますと、借り入れ希望額にもよりますが400万円程度が安全ラインのようです。
300万円でも可能なようですが、子供の有無もしくは予定があると教育費や養育費にかかる負担が発生しますので怪しくなってきます。
頭金を増やすか、中古物件を探す方が無難ですね。