住信SBIネット銀行のおまとめローンが審査で話題に

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用するとローン残高の管理がしやすくなり、場合によっては利息を安くすることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

おまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

おまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

参考:住信SBIネット銀行おまとめローン審査!【一本化評判口コミ】

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行の場合、消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能となりますが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のローンですが、一般のカードローンと違う点は、総量規制の例外貸付が適用される点や追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので前向きに検討することをおすすめします。

埼玉りそな銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。